トップ下に久保建英という次世代感!アトムグループ | アトムグループ

トップ下に久保建英という次世代感!アトムグループ | アトムグループ

皆さんおはこんにちばんわ!

アトムグループ広報

タニヤンです!

キョウトピッ!

FOOTBALLCHANNEL引用企画!

トップ下久保建英という次世代感

ザガン鳥栖vsFC東京のJ1第3節

時間を追うごとにスコアレスドローの雰囲気が色濃くなっていく味の素スタジアム。だが、残り時間が1けたに入るころから、明らかに何かが変化した。徐々に鳥栖のマークがずれ始める。きっちり閉められていたはずの中央で起点ができ、勢いに乗った波状攻撃をFC東京が仕掛けた。

 そのリズムを作り出したのがMF久保建英だった。右サイドからトップ下にポジションを移すと、その圧倒的な技術を活かし狭いエリアでボールを受け、卓越した戦術眼とひらめきでゴールに襲い掛かる。終了間際に、何かが起きる可能性が爆発的に高まっていった。

 そして後半43分、その時は訪れた。右サイドで相手のクリアを拾った東京は、ゴール前にクロスを上げる。こぼれて左に流れた球に反応したDF小川諒也は、そのままダイレクトに左足を振りぬいた。ボールはカバーに入った鳥栖DFに当たりゴールに吸い込まれていった。

 待望のホーム初白星を引き寄せたのは、まさかの相手オウンゴール。だが長谷川健太監督は次のような言葉で、その理由を説明した。

「(10人になった)鳥栖の4-3-2の守備ブロックに有効打を打てなかったので、建英をトップ下のような形にして、最後の10分くらいで少し形を変えた。そうしたら建英が相手の嫌がるとこでボールを受け、2トップの下で自由に動けるようになり、だいぶ変化が出てきて少し相手を崩してクロスが入る形になった。その辺から相手のオウンゴールを生むことができたのかなとは思っています」。

 偶然の産物ではなく、17歳の若武者の働きがあり、最後はチームで奪い取った得点だったのだ。

というこの活躍夏にバルサBに移籍がほぼほぼ100%決まっている今シーズン

日本の次世代を引っ張る若武者が残り半年ほどでどのように成長するか非常に楽しみです!

アトムグループのオ!

水城篤統括のバースデイ!

timeline_20190302_221418

今月のバースデイイベント3.23にございます!

生誕祭がんがん盛り上げる準備しております!

よろしくお願いいたします!

アトムグループのハッシュタグは!

#ホストするならアトムグループ #アトム1分動画
#サンシャインTV #アトムグループ #りゅうTube

などなどございますので

チェック&拡散よろしくお願いいたします!

それでは本日もノンダクレー!

CONTENTSコンテンツ

ホストの求人情報はこちら

ホストクラブシミュレーション

  • ホストブログ
  • 昨日のラストソング
  • 現役ホストのモテ講座コラム

ホスト検索

TOPへ


Warning: Use of undefined constant recruit - assumed 'recruit' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/c3298768/public_html/atom-group.jp/wp-content/themes/tpl-theme/footer.php on line 92

Warning: Use of undefined constant recruit_test - assumed 'recruit_test' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/c3298768/public_html/atom-group.jp/wp-content/themes/tpl-theme/footer.php on line 103